更新情報

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民補選勝利 政権に緩みはないか この結果だけで「追い風」が引き続き吹いていると受け止めるのは早計だ 

このエントリーをはてなブックマークに追加


1: ◆PENGUINqqM @お元気で!φ ★[] 2013/04/29(月) 06:51:41.95 ID:???0
 参院山口補選を制した自民党。夏の参院選勝利に向けた弾みにしたいのだろうが、閣僚の靖国神社参拝を機に周辺国との関係が緊張するなど、政権運営に揺らぎも見える。政権に緩みはないのか。

 第二次安倍内閣初の国政選挙となった今回の補選は安倍晋三首相の弟で、昨年十二月の衆院選に立候補、当選した岸信夫氏の参院議員辞職に伴うものだ。自民公認候補と民主系候補との事実上の与野党対決となった。

 首相の地元、山口県は首相の祖父、岸信介氏や大叔父の佐藤栄作氏ら多くの首相を輩出した自民党王国でもある。安倍内閣の支持率も70%台の高水準で推移するなど、もともと自民候補が戦いを優位に進め得る状況だった。

 六年前の参院選惨敗後、辞任した首相は、今夏の参院選を「親の敵のようなもの」と位置付ける。
衆院選に続いて参院選でも勝利して国会のねじれ状況を解消し、政権安定化を図りたいのだろう。

 就任後初の国政選挙が、自民党支持の強い地盤である山口県で行われたことは、首相にとっては幸運だったのかもしれない。

 ただ、補選の結果だけで、安倍内閣や自民党への「追い風」が引き続き吹いていると受け止めるのは早計だろう。名古屋や青森、郡山など政令指定都市や県庁所在地、経済県都と呼ばれる大都市の首長選で、それぞれの事情があるとはいえ、自民系候補が軒並み敗北を喫しているからだ。

 政権の弱点とされる歴史認識や憲法改正の主張を抑え、経済政策を優先する「安全運転」に徹しているかに見えた政権運営も、このところ危うさが目立ち始めた。

 麻生太郎副総理兼財務相ら閣僚の靖国参拝に中韓両国が反発すると、首相は「わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない」と発言し、さらなる関係緊張を招いた。憲法改正の発議要件を緩和する九六条改正を参院選の公約に掲げる決意を強調するようにもなった。
(>>2-に続く)

▽中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013042902000102.html



2: ◆PENGUINqqM @お元気で!φ ★[] 2013/04/29(月) 06:51:53.48 ID:???0
(>>1の続き)

 高い支持率に自信を深め、政権運営のタガが緩んでいるのなら看過できない。自民党への政権交代は民主党に嫌気が差した有権者が消去法で選んだことを忘れてはならない。

 衆院選に続き、今回の補選も低投票率だったことは、政治不信が解消されていない現実を突き付けていると受け止めるべきだろう。

 三月の党大会で「決して慢心してはいけない。自民党に完全に信頼が戻ってきたわけではない」と力説したのは、首相自身である。

-おわり-




15: [] 2013/04/29(月) 06:59:05.49 ID:WtbG7i7Q0
>>1
相当悔しいらしいなwwwwww





64: [] 2013/04/29(月) 07:13:18.83 ID:IEUR0twO0
>>1の記事を3文字にまとめよ

答え:ぐぬぬ



自民補選勝利 政権に緩みはないか この結果だけで「追い風」が引き続き吹いていると受け止めるのは早計だ の続きを読む

スポンサーサイト

私たちの論説が、重要な隣国を前向きに動かそうとする力の一つになっていると信じて書いています 

このエントリーをはてなブックマークに追加


1: 有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★[] 2013/03/30(土) 10:47:02.77 ID:???0 BE:509275272-PLT(12069)
★<新・中国はどこへ>(読者から) 「法治」を求める声多く

「新・中国はどこへ」の連載に、さまざまな意見をいただきました。一通ごとに考えさせられ、目を見開かされもしました。心より感謝します。

多かったのは、最終回の「『法治の大国』であれ」への共感でした。日本の重要な隣人として、民主的、平和的な大国になってほしいという希望と受け取れました。

埼玉県熊谷市の吉沢功さん(71)は「中国の覇権主義や自由抑圧の継続は、大国にはあまりにもふさわしくない」と、人治から法治への転換の重要性を訴えます。

大国になっただけに、それにふさわしい振る舞いを求めたいとの意見は、多くみられました。

「世界第二の経済大国になったのだから、政治的にも大人になってほしい」
「中国が法治国家として信頼されるなら、二十一世紀の世界が平和で安心できる社会になる」などの意見です。

「私は中国を丸ごと好きでした。あの反日デモの映像を見るまでは」と、ハッとする書き出しの意見を寄せたのは千葉県柏市の司法書士、佐々木利夫さん(69)です。

「民衆の怒りを侮るな」という連載一回目の主張に、佐々木さんは「治められる者の視点からの社説に共感する」としながら、
「一方的な願望であり、ないものねだりのような気がしてなりません」とも指摘していました。

一般に、社説または論説委員の主張は確かに“言いっ放し”の面がないとはいいません。
しかし、日本にある中国大使館や総領事館、中国メディアなどを通じて、日本の新聞の考えは本国に伝わっていると思います。

ある中国外交官は「道理と裏づけのある批判は歓迎します。横並びの中国メディアより参考になります」とすら語っていました。
私たちの論説が、隣国を前向きに動かそうとする力の一つになっていると信じて書いています。(>>2-3へ続く)

中日新聞 2013年3月30日
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013033002000102.html



2: 有明省吾ρ ★[] 2013/03/30(土) 10:47:15.51 ID:???0 BE:2291738797-PLT(12069)
>>1(の続き)

名古屋市の税理士、真田新之助さん(83)は「民衆が主人公の健全な中華復興こそが望ましいとの主張は、わが意を得たり」と、感想を寄せてくれました。

「日中は相互に協調すべき関係で、領土問題などで角を突き合わせるべきではない」との感想は決して少なくない意見でしょう。

重要な隣国がどう進むかは、日本、世界の未来にも大きく影響します。皆さんと共にこれからも論考し、提言していきたいと思います。 (論説委員・加藤直人)

中日新聞 2013年3月30日
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013033002000102.html


私たちの論説が、重要な隣国を前向きに動かそうとする力の一つになっていると信じて書いています の続きを読む

【中日新聞】 調子に乗りすぎるなよ、アベノミクス 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 春デブリφ ★[sage] 2013/01/30(水) 01:03:40.69 ID:???0
日銀の物価2%目標の深い意味を銀行マンが教えてくれた。…ゼロ金利以下には金利を下げられないから、物価2%になるまで金利は上げません、という時間を使ったいわばマイナス金利なのさ。

 似た話は少し前のヘリコプター・ベンと呼ばれた男。飛行機乗りじゃない。
大国アメリカの金融政策を決めるベン・バーナンキFRB議長。ドル紙幣をどんどん刷ってヘリでばらまけ、とほえた。

 いずれも銀行に預けた貯金の値打ちは、時間のたつほど減ってゆく。だからお金を使えという。
でもお金が回ることと、お金を無理に使わせることはちがう。調子に乗りすぎるなよアベノミクス。

ソース 中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/column/yuhodo/CK2013012902000257.html


182: [] 2013/01/30(水) 02:53:16.30 ID:hjiDpSdYP
>>1
一体何に対しての批判で具体的に何が駄目なのかサッパリわからん。
ていうかただの悪口だよね?



5: [sage] 2013/01/30(水) 01:06:36.09 ID:/o7etOXWT
(´・ω・`)
 銚子


【中日新聞】 調子に乗りすぎるなよ、アベノミクス の続きを読む

中日新聞 「朝鮮学校の生徒は日本の将来を担う隣人。北朝鮮に厳しい今こそ北風より太陽だ」 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: オセロット(新疆ウイグル自治区)[] 2013/01/26(土) 10:32:24.26 ID:RlaWffpa0 BE:567295283-PLT(12000) ポイント特典
【社説】 無償化見送り こんな時こそ太陽で 2013年1月26日

 朝鮮学校を高校無償化の対象から外す国の方針に異議を唱え、生徒や学校が司法の場に救いを求めた。社会全体で生徒の学びを支えることが無償化の理念だ。
朝鮮学校も例外ではないのではないか。

 「私たちはスパイでも工作員でもありません。学ぶ権利は誰にでもあるのに、大切な気持ちを踏みにじられました」。愛知県の愛知朝鮮中高級学校に通う在校生らはそう心情を訴えた。
 (中略)
 朝鮮学校に通う生徒の多くは日本で生まれ育ち、日本の将来を担う隣人たちだ。
日本や韓国の国籍を取得している生徒もいる。同じ社会で生きていく隣人として共に学ぶべきだろう。
 国は文科省令を見直して朝鮮学校を無償化の審査対象そのものから外す方針というが、対立や差別を深めてしまいかねない。

 無償化がやがて朝鮮学校を地域に開かれた存在へと脱皮させる契機となるのではないか。
北朝鮮に厳しい今こそ北風より太陽だ。

全文はソースで
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013012602000083.html



8: サーバル(大阪府)[] 2013/01/26(土) 10:35:35.61 ID:WGhzcdCt0
北風(経済制裁)より太陽(核攻撃)だとおっしゃる。
言う事が派手だねえ


中日新聞 「朝鮮学校の生徒は日本の将来を担う隣人。北朝鮮に厳しい今こそ北風より太陽だ」 の続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。