更新情報

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国で鳥インフルエンザ…とかく過剰に反応しがちな日本社会、中国人観光客を拒むと中国が胸襟を閉じる懸念も 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊ρ ★[sage] 2013/04/06(土) 18:06:20.77 ID:???0
二十四節気の一つ「清明」のきのう、沖縄では各地で清明祭が始まった。「シーミー」と呼ぶ先祖供養の行事だ。
一族が持ち寄った重箱料理をお墓に供えて味わう。その前で三線(さんしん)を弾き、にぎやかに歌い踊る
   ◆
18世紀中ごろ当時の琉球と交流が深かった中国から伝わった。その中国はきょうまで清明節の3連休。今年は直前に
鳥インフルエンザ(H7N9型)の人への感染が確認、死者も出た。清明節は観光地などに人が繰り出した。封じ込めは成功しただろうか
   ◆
人から人への感染が確認された新型インフルエンザなら、沖縄は対岸の火事では済まない。中国から年間数万人の観光客が訪れる。
感染症に詳しい沖縄県立中部病院の高山義浩さんは「可能性は低いと思うが、これまでの対策は、復習しておきたい」とする
   ◆
中国は10年前、新型肺炎(SARS)が発生した際、情報の開示が遅れ、感染を広げた。今回はウイルスの遺伝子情報を公開、
日本の国立感染症研究所が分析した。厚労省で対策に携わってきた高山さんは、中国の変化を評価する
   ◆
とかく過剰に反応しがちな日本社会。中国人観光客を拒むようなことがあれば、開き始めた胸襟を中国が閉じてしまう
懸念もあるという。清明は万物が清く生き生きとする季節。でもウイルスの乱行だけは御免だ。日中連携で封じ込めができるなら、
交流の歴史の新しい一ページになる。

ソース:http://www.shinmai.co.jp/news/20130406/KT130405ETI090006000.php




289: [sage] 2013/04/06(土) 19:06:20.20 ID:p/b1q4Sp0
>>1
日本でパンデミックが起きたら、信濃毎日の責任



中国で鳥インフルエンザ…とかく過剰に反応しがちな日本社会、中国人観光客を拒むと中国が胸襟を閉じる懸念も の続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。