更新情報

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日刊ゲンダイ「株が上がって、みんなが浮かれている・・・だが、ちょっと待って欲しい。株価が上がればそれでいいのか!」 

このエントリーをはてなブックマークに追加


1: 影の軍団子三兄弟ρ ★[] 2013/03/10(日) 11:16:29.06 ID:???0
株が上がって、みんなが浮かれている。 きのう(8日)の日経平均は1万2283円とリーマン・ショック前の水準に戻した。

甘利経済再生担当大臣は「株は高いに越したことはない」と自賛し、安倍首相もドヤ顔だ。
大マスコミも「アベノミクス効果」ともてはやしている。

しかし、ちょっと冷静になって考えてみれば、おかしなことに気づくのだ。
株高の原因はリフレ政策である。市場にカネをジャブジャブにする金融緩和への期待が、株価を押し上げている。

リフレ派の日銀総裁候補、黒田東彦・アジア開発銀行総裁は国会の所信表明で「2%のインフレを2年で達成する」と宣言した。
それに拍手喝采する国会議員、メディアと市場……。

だが、ちょっと待って欲しい。物価高を喜ぶ国民がどこにいるのか?

「賃金が上がらずに物価高だけが進めば、庶民生活は苦しくなる一方です。それなのに、こぞってアベノミクスのリフレ政策を歓迎する今の風潮は異様ですよ。
そもそも、インフレを目的にすることが間違っている。 景気が良くなり、企業業績が改善されて賃金・所得が上がり、
消費が上向いた結果、物価が上がるというのが本来のサイクルです。 ところが、黒田次期日銀総裁候補はまず、物価を上げると宣言した。
それじゃあ賃金はというと、置いてきぼり。 順番がアベコベ゙なのです。 政府が宣言すべきはインフレではなく、賃上げであり、雇用の拡大でしょう」 (経済評論家・広瀬嘉夫氏)

その肝心の賃上げは、政府に権限はない。 あくまで企業の自主性任せなのだから、アベノミクスのいかがわしさが知れるというものだ。
http://www.zasshi-online.com/Magazine/ProductDetail/?page=1&dcode=Nikkan_Gendai_Kanto1130309&dpage=1


250: [sage] 2013/03/10(日) 11:49:55.62 ID:jvZd8+pg0
>>1
良いに決まってんだろ
どこまでズレてるんだ?


日刊ゲンダイ「株が上がって、みんなが浮かれている・・・だが、ちょっと待って欲しい。株価が上がればそれでいいのか!」 の続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。